会社情報

会社沿革

昭和38年5月 横浜繊維工業(株)時代より(株)キトー殿ヘ電気チェンブロック用のクサリバケットを製造納入開始。月産300台。
昭和48年3月 横浜繊維工業(株)より独立し、横浜市内に株式会社ニシセンを設立。
取締役社長 : 西 則夫
昭和49年2月 資本金300万円から600万円へ増資。
自動車用シートカバー、レジャー用シート等製造販売開始。
(株)キトー殿より、ポリエスタースリングの縫製依頼を受ける。
昭和49年10月 ポリエスタースリング計画生産開始。 月産1,500本。
昭和51年1月 主要取引先を(株)キトー殿に絞り、受注生産に対応出来る体制作りに務める。
昭和52年4月 ポリエスタースリング計画生産増大。
月産1,500本→6,000本へ 
昭和55年4月 ベルトラッシングの受注生産開始。 月産200本。
昭和59年10月 西 浩一 (現社長)入社。
昭和59年12月 (株)キトー殿の山梨移転に伴い山梨県中巨摩郡田富町東花輪1280-1へ工場を全面移転。(敷地=1,200㎡ 建物=270㎡)
昭和61年12月 工場西側へ倉庫(建物=48㎡)を増設。 
昭和62年4月 ベルトラッシングの受注増大。 
月産1,000本→2,000本。
昭和62年9月 専務取締役に西 浩一 就任。
昭和62年12月 合理化、増産を図る為、工場西側へ倉庫及びクサリバケット製造場(建物=200㎡)を増設。
昭和63年4月 自動化、省力化の生産体制により隔週週休2日制を導入。
平成3年6月 日本工業規格許可工場(JIS工場)の許可取得を目標とし、整理、整頓、品質向上を目指し、工場南側へ製造場(建物=300㎡)を増設。
西 浩一〔工業標準化品質管理推進責任者講習会〕(専修科コース)を終了。
平成3年12月 日本工業規格表示許可工場(JIS B8818 ベルトスリング 認定番号391048)となる。
平成4年12月 代表取締役に西 浩一 就任。
平成5年4月 自動化、省力化の生産体制を実現し完全週休2日制を導入。
平成7年8月 資本金600万円より1,000万円へ増資。
平成13年1月 新製品、リミットサイン付ポリエスタースリング量産開始。月産5,000本
平成13年4月 (株)キトー殿より、ポリエスタースリングの直送化を任される。
平成20年9月 財)日本繊維製品品質技術センター(QTEC)殿に日本工業規格、新JISの表示認証を受ける。
平成23年3月 工場内の整理整頓及び在庫品の指定置場を確保するため、工場西側へ倉庫(建物=100㎡)を増設。
平成23年4月 ベルトラッシングの一括受注生産開始。 月産6,000本。
ポリエスタースリングの一括受注生産開始。 月産5,000本。
現在に至る。

ページの
先頭に戻る